※陸王ネタバレ注意。🏃アナザーストーリー

ちなみに富山マラソン後、今話題の録画した陸王をそれとなく観てみました。




↑とりあえず見てみてくださいませ。



第1話をざっくり僕なりにまとめると。


役所広司→「こはぜ屋」社長。会社存続の為にランニングシューズの開発を決断する。従業員想い。カッコいい。演技素晴らしい。


壇ふみ→役所広司の奥様。全てを把握してる母性感あり。今どきあまりいない古き良き女性。


山崎賢人→内定が決まらない大学生。以外と「こはぜ屋」大好きみたい。けど今の所会社継ぐ気はなし。就職できればいいみたい。今の所。


風間俊介→こはぜ屋の味方の銀行屋さん。こんな人いたらいいな。今の所。



ピエール瀧→敵。ランニングシューズを売る事しか頭にない悪役。今の所。



小藪豊→ピエール瀧の子分。今の所。



竹内涼真→🏃無理しがち。



ざっくり!



あるシーンで、



開発を始めた、こはぜ屋。


シューズの改良が上手くいきません。



そんな時、就職活動中の山崎賢人が酔っ払って帰宅する。


母は聞く、「ご飯は食べるの?」と。


けんと「いらねぇ、食ってきた。」


そこで役所広司。


こーじ「どうだ、お前もランニングシューズの開発チームに入ってみるか?」



けんと「うるせぇんだよ!ほっといてくれよ!足袋屋にランニングシューズなんて作れるわけねぇんだよ!」



いい感じです。


両親の優しさを初期で踏みにじっております。



ナイス行き当たりばったり感。



気持ちわからなくもないですが。


跡を継ぐに当たってのフラグであって欲しいです!


予想フラグ後↓↓


けんと「ふっそんな事もあったな。けど今俺はランニングシューズを作る事が、俺の走る道だと思ってるから。」


こーじ「ふっ。ありがとな。」


エンディング。


シューズ選びは大事って話しです…。


御予約お待ちしております😀



✂︎583koyomi✂︎ hair salon

Toyama City 583koyomi shimohori69-1

0コメント

  • 1000 / 1000